シリーズ切手の代表的な種類と魅力

切手は、普通切手と呼ばれるいつでも郵便局で手に入る小型の切手と、行事などを記念して発行される大型の記念切手があります。

また、記念切手の中には、何かをテーマにして発行される、シリーズ切手というものがあります。

最近は記念切手が大量に発行されているので、ここでは切手ブームが起こったころの昔のシリーズ切手を代表して4つ紹介します。

1.切手趣味週間

まさに切手そのものに親しんでもらい、切手趣味の普及を目的として発行される切手。
毎年4月に発行されており、題材は主に人物画が使用されています。
1948年発行の「見返り美人」は、誰もが一度は耳にしたことがある有名な切手です。

2.国際文通週間切手

世界の人々が文通で交流を深めることを目的に発行される切手。
毎年10月に発行されており、料金は国際郵便用のもので、
初期の題材は安藤広重や葛飾北斎の風景画が使用されていました。

3.オリンピック切手

日本初の東京オリンピックを記念して発行された切手。
全20種の競技を題材にしており、価格はハガキ料金の5円に、寄付金の5円を加えた10円となっていました。
つまり、10円で購入しても、5円の郵便にしか使えないのです。
当時は切手ブームで、記念切手は使わず集めるという慣習があったので、使用済切手が少ないことでも知られています。

4.国立公園切手、国定公園切手

国立公園を題材にした日本初のシリーズ切手で戦前から発行されていた切手。
第一次国立公園70種、第二次国立公園52種、国定公園59種と非常に量が多いです。
第一次国立公園はプレミアがつくものもあるので、持っていれば調べてみてもよいかも知れません。