郵便物のやり取りへの利用

切手が利用されるシーンとしては、まずは郵便物をやり取りする際に用いられることが最も多いとされています。

切手を貼って郵送処理を行うことが一般的であるため、必要な料金分の切手を購入し、郵便物に貼って送る流れがスタンダードとなっています。

現在は1円を最小単位として様々な額面で切手が売られています。(1円切手は郵便の父、前島密が意匠に採用されています。)

1円は貨幣においても最小単位であるため、細かく料金の調整を切手を使って行うこともできるとされ、柔軟に郵送時に切手が利活用されています。

郵便料金変更の際にも、例えば2円切手など不足料金分の切手を貼ることで、旧額面の切手も使うことが出来るようになります。

現在は郵便局を中心として、様々なところで常時切手が取り扱われています。

料金が不足していたり、新たに切手を購入する必要が生じたりしても、問題なく新たな切手を調達できるため安心です。

 

コレクション用途への切手の利用

切手を郵送時に利用するだけではなく、様々な種類の切手をコレクションすることにも活用されています。

これまで非常に多くの切手が販売されてきており、切手を専門的に収集するコレクターも沢山います。

切手のニーズが拡大する要因のひとつとして、こうしたコレクションを目的とする利用もあります。

一般的な普通切手に加えて、限定的に販売される切手の存在には特に注目が寄せられるようになり、切手として使うのではなく、図柄などをコレクションするために購入して集める方も多くおられます。

郵送の目的に利用する際と同様に、コレクションにも切手を取り入れるスタイルは、着実に浸透しています。このような動向も、様々な方面で確認されると予測がなされています。