切手を買取してもらったりした話

切手を買取してもらったのでその時の経験や切手の買取価格について書いていこうかと思います。

Tag: 切手買取

買取価格は額面以上?業者での切手買取とは

不要になった切手は、買取業者に依頼する

“切手には、もちろん額面があります。40円や80円など、様々な切手があるでしょう。古いものであれば、銭などの単位の切手も存在します

ところで使わなくなった切手は、そのまま保管する人ももちろんいますが、売却や買取される事もあります。

一時期は何かの理由で切手を集めていたものの、不要になる事例も多々あります。

その際は、オークションや金券ショップなど様々な買取先がありますが、切手買取店に売却する選択肢もあるのです。自分にとっては不要な切手でも、お店にとっては価値があるので、たいてい買い取ってくれます。

額面以上の価値がある切手は「プレミア切手」といいます

切手を売却するなら、価格が気になる事もあるでしょう。

切手に印字されている額面を上回るかどうかも、気になる問題です。
例えば切手には、40円と印字されているとします。

買取店では、それを50円などの価格で売却できるかどうか、気になる事もあるでしょう。

結論を申し上げると、それは状況次第ではあります。やはり切手の価値自体に、大きく左右されるのです。

いわゆる普通切手などは、額面以上での売却は難しいと考えておく方が良いでしょう。

ですから上述の40円切手なら、買取額は最大40円という事になります。

ところが切手によっては、買取価格が額面以上になる事もあるのです

数ある切手の中には、プレミア価値が非常に高い物もあります。

殆ど見かけない古い切手になると、かなりのプレミア価値が付いていて、額面以上の数字になる可能性もあります。
例えば、上述の額面40円の切手でも、買取価格は100円以上になる可能性を秘めているということです。

具体的に何円ぐらいになるかは、やはり買取店に相談してみるのが一番です。
切手の価値を知りたい時は、まずお店で切手の査定を受けてみると良いでしょう。

切手に詳しくなくても、簡単に買取金額を交渉できる方法

【完全保存版】切手に詳しくない方でも、実は簡単に買取金額交渉が可能です!!!

さて、今回の記事では【切手に詳しくない方でも簡単に買取金額を交渉できる方法】がテーマです!

前回の記事で、切手に詳しい方は出張買取がおすすめという内容を述べましたが…

切手に詳しくない方でも、買取金額の交渉をするなら出張買取が断然おすすめです(^ω^)

やっぱり対面の方が交渉しやすいのは変わりませんので・・・。

 

ですが、肝心なところが。

切手に詳しくないのに、どうやって買取金額の交渉をすれば良いの?!?!( ゚Д゚)

というところですよね。

やみくもに「買取金額、もうちょっとあげてよ」といっても、査定員に「この切手は、この分の価値しかありませんので。」と一刀両断されたら、諦めるしかないですもんね。

 

 

ですが切手に詳しくない方でも、簡単に切手の買取価格の交渉ができる方法が・・・

それはずばり、いくつかの切手買取業者で相見積もりを取ること!!!!!

これに尽きます(^ω^)

 

 

まず一件目の切手買取業者で査定してもらって、買取の返事はせず「ちょっと考えます」または「相見積もりの予定なので、また後日ご連絡します」とぶっちゃけますw

実際に切手買取業者を利用して驚いたことなんですが、結構相見積もりって当たり前に行われてるんだなっていうことです!!!

父が「相見積もりの予定なので、また後日ご連絡します」と言ったら、そのまま「ではお待ちしております」と言ってもらえたので。

だから相見積もり予定だと言ってしまっても大丈夫です(^ω^)

(もし一社目の切手買取業者で納得のいく買取価格になれば、もちろんそのまま買取してもらっても大丈夫です(^ω^))

 

さて、1社の買取業者を利用するだけで、切手買取価格のベースが出来上がりました!!!!

2社目からは、「1社目に利用した〇〇買取業者では、この買取価格を提示してくれましたが」というだけでOKです!

数社の買取業者を利用する中で、最高買取価格はだんだん釣りあがってくると思いますので、この文言の金額のところも随時最高価格に変更しちゃってくださいw

そして複数社で切手の見積もりがとれたら、一番高額な買取価格を出してくれた買取業者に売ってしまいましょう(^ω^)

 

 

で、ここまでで、ふと疑問に思われた方もいるのではないでしょうか。

「正直、相見積もり取ってるって嘘ついて、買取価格にハッタリかけちゃダメ???」

 

この点なんですが、個人か業者かでも若干変わってきますが、結構ばれると思います(^ω^)

なぜなら品によって、「この買取価格以上になると、買取業者側に絶対利益が出ないであろう金額」というのが、絶対にあるんです。

“相場”という言葉があるように、だいたいこの価格じゃないとおかしいな、という上限があるんですよ。

なので高く売りたい一心でハッタリをかけた超高額買取価格を言ってしまうと、買取業者の人にすぐばれます・・・。

(切手は関係ありませんが、僕は一時期リサイクルショップ的なところでバイト経験があって、こんな感じでした)

 

 

なので、そのハッタリの買取価格がなかなか良い点を突けていれば良いのですが・・・。

平均相場より安いハッタリ買取価格だと「じゃあその買取価格で買い取らせていただきます!!」と即答され、買取業者側にすごい儲けが行き、利用者側が損する可能性も・・・

(大抵の買取業者は親切なので、「それだと安すぎますよ」とか言ってくれるかと思いますが・・・。)

 

逆に平均相場から見たらありえないほどの買取価格であれば、

「いや~、難しいですね~・・・。(こんな高額な買取価格じゃ、例えウチ以外の買取業者でも利益でないだろ~・・・。)」

って感じになる・・・かも知れません( ゚Д゚)

 

 

ちょっと面倒かとは思いますが、相見積もりだと、切手の知識がなくても高価買取にこぎ着けやすくなりますので(^ω^)

切手買取の際は、相見積もりがおすすめというお話でした!

 

 

 

切手の買取方法は?メリット・デメリットなどゆるーくご紹介

切手の買取の話が続きますが(そのためのブログw

今回は切手の買取方法についてご紹介したいと思います(^ω^)

切手の買取方法っていわれても、あんまりピンときませんよね??

金券ショップみたいなところに行って売るのかなーとか、専門家に切手を送ってみてもらえば良いのかなーとか・・・

古い切手だったら、町にある古い骨董品屋さんに売れば良いのかなーとかw

僕は本気でそんなことを思っていましたw

ですが切手の買取って初心者でも問題なくいけるくらい、簡単なんです!

専門家へのパイプ的なものとか、全く必要ありませんw

切手の買取方法は3つくらいあります

3つくらいてwアバウトなwって感じですよね(^ω^)

簡単にご説明すると、切手の買取方法には3つ(くらいw)の方法があります。

まずは出張買取

これは自宅まで査定員が来て、切手を査定し、買取価格を出してくれます!

自宅まで来てくれるので切手を持ち運ぶ必要もないですし、買取金額もその場で受け取れるのがメリットです!

業者によっては出張買取のことを「訪問買取」と言っていたりしますが、まぁ一緒ですw

あと切手に詳しい方だったら、査定を目の前で見つつ買取価格の交渉をしたり、切手談義に花咲かせたりもするらしいです(^ω^)

 

そして宅配買取

出張買取と同じくメジャーな方法なのが、宅配買取です(^ω^)

これも買取業者によっては「郵送買取」と言っていたりしますが、これも内容は一緒です。

方法は切手を宅配便に詰めて買取業者へ送り、査定結果は電話やメールなどで連絡が着て、買取価格に納得したらそのまま買取で、納得できなかったら切手は返送されてきます。

宅配便を利用した買取方法なので、どうしても日数がかかってしまうのがネックではありますが、スケジュールを空けることなく切手の買取が行えます。

小さいお子さんがいる方や、なかなか家を空けられない方にも便利です。

今の宅配便は追跡番号が付いていますので、切手の郵送中も安心です(^ω^)ヤマトさんいつもありがとう(^ω^)

ただ、返送料は買取業者負担か利用者負担なのか買取業者によって変わってきますので、申し込む前にあらかじめ確認しておくのがベストです!

 

あとこれもメジャーです!店頭買取

これは街の買取店なんかに切手を持っていって、査定してもらう方法です。

店頭がない業者の場合は、事務所や倉庫にそのまま持っていって、査定してもらうケースもあるようです。

店頭買取も買取業者によっては「持込み買取」と言っていますが、こちらも内容は一緒ですねー。

切手の買取店ってあるの?と思われますが、ブランド品や貴金属の買取店の看板をよく見てください!

じみーに「切手買取」と書いている場合がありますのでw

ですが切手専門の査定員に担当してもらえるかは本当に運なので(もしくは事前に問い合わせて聞いておくか)、高価買取になるかどうかは買取店によりけりですねー。

切手買取のベストな選択肢は人によりけり

結構切手の買取方法ってあるんですよ(^ω^)

僕ひとりで切手買取を利用するなら、人見知りだし外出面倒だしで宅配買取を選ぶと思うのですが、父が結構切手に詳しいので出張買取になりましたねー。

人によってベストな切手の買取方法は変わってくると思いますので、うまくベストな方法が選べればとっても便利です!!

 

 

切手の相見積もりって何?高価買取には必須?相見積もりの方法は?

わーい切手買取ブログ、次回に続きましたぞ(^ω^)ww

超飽き性の僕なので、続けられるかどうか分からなかったんですが、記念すべき!!!!

さてさて前回は切手の相見積もりについてで、次回に続く、で終わっておりましたな????

今回は切手の相見積もりについてご紹介しますZOY☆

切手の相見積もりっていったい何?

切手の相見積もりとは、さて何でしょう(^ω^)

僕は買取業者自体に利用が初めてだったので、わかりませんでしたw

グーグル大先生に聞いてみると、どうやら相見積もりとは、複数の業者へ見積もりを取ることなんだそうですな。

別に切手だけに限らず、例えば車の買取や不動産など、広い場面で使われるみたいです。

で、相見積もりは短く言えば「あいみつ」だそうなんですw

これ切手買取業者相手に使ってみれば「お?!慣れているな?!」と思われ、安く買い叩かれることはなくなる・・・かも・・・

知らんけど( ^ω^)・・・

切手の相見積もりってやってるの??

でも正直、複数の切手買取業者に見積もりを取るって、結構めんどくさそうwって感じw

なんか調べたら車なんかは一括見積サービス?みたいなのは出てきましたけど、切手はないっすよねw

だから引き続き調べると、切手の買取となると個人で複数の買取業者に問い合わせてるみたいです。

でもこれは、切手を高く売るためにはすごく大切な工程なんだそうで。

なんせ時価で買取価格が変わってきますし、買取業者によっても買取価格は大分違ってくるそうなんですΣ(゚Д゚)

 

だって例えば、車の買取なんかメジャーな物だったら、業者も流通ルートを確立してるでしょ?

しかも相場も車によって大体決まってるし、年数や走行距離?なんかである程度、この程度の減額かなーとか。

要するに市場が大きいってことと、相場が幅広く知られているっていう点があるんだと思うんですよね。

だから買取価格も安定しやすい傾向にあるのかなーとか(個人の推測ですwソーリーww

 

でも切手だと取り扱ってる専門業者さんも少ないし、そのうえ狭く深くの収集ジャンルっぽいんで、需要のある所に届けられるかで買取価格が大きく変わってくると思うんですね。多分。

需要ない所にいっちゃったら、当然誰も買わないと思うんで、再販先も見つからないし。なので最初の買取価格も安く設定せざるを得ないんじゃないかと。

でも需要のある所に行ったら買い手もつくんで、再販先も見つかって買取業者にも儲けが出て、なので買取価格も普通に、相場に則った価格で買取してもらえるかと思うんですね(^ω^)

だから切手の買取業者選びは大切だし、高く買取ってくれる業者を見極めるために相見積もりは大切、と・・・。

 

ごめんなさい、全て仮定で終わってしまった今回のブログ( ^ω^)・・・

 

 

切手の買取を利用しました

突然ですが、あなたは、家に眠っている切手が高く売れたらどうしますか?

・・・僕は売りました(*´ω`)

生まれて初めて切手の買取業者というものを利用しました。

試しに切手アルバム一冊だけ買い取ってもらったのですが、思ったより高い買取価格で売れたので嬉しかったのです。

まだ買取してもらう切手がある

そうなんです。先程、切手アルバム一冊”だけ”と言いました。

僕の家にはまだ切手があります(*´ω`)

段ボールの中、クッキー缶の中、こんなとこにいるはずもないのに。

どうしてこんなに切手があるのか。父の趣味です。

何十年にもわたる切手収集のち、なんか最近、飽きたみたいで。

何十年間にも渡って収集された切手。父曰く「ジャンルは決めてない」そうで、かなりの枚数です。

 

なんだか切手は売れるらしいぞ?

燃えるごみの日でいいじゃん。と思ったのですが、調べてみると、どうやら切手って買取してもらえるらしいですな??

父が何かボソッとそんなことを言っていたような気がするのですが、そのときの僕は「そんな冗談をw」と本気にしていませんでした。

切手の処分方法でググると・・・やっぱ買取してもらえるらしいですな。

( ^ω^)・・・

ごめんな父さん。

 

切手の買取業者に申し込んだのじゃ

そんなこんなで、切手の買取業者に申し込んだのでした。

おすすめ切手買取業者の紹介はこのサイト参考

切手の買取の流れなどは、また別記事で語りますじゃ(*´ω`)

で、思ったより高く売れて、父も僕も母も大喜びだったんですが、なんか切手の買取価格って、その業者の判断で決めているから、買取価格に結構差があることがあるらしい・・・?!?!?!

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

で、「最初に依頼した切手買取業者に、残りも引き続き頼もうぞ!」と考えていたのですが、ちょ待てよと・・・。

相見積もりって何ぞや??

切手を高く売れる方法は存在するらしい?????!

次回に続く!